主題「情報モラル指導の充実」

 

さいたま市立本太中学校

 

1 ねらい

 情報教育の目標は「情報活用の実践力」「情報の科学的な理解」「情報社会に参画する態度」の3点に定義づけられている。本校では、情報社会のモラルとマナーについて、著作権、肖像権を含めながら指導向上を目指すことができると考えた。

 

2 指導計画

(1)      情報社会におけるモラルとマナーについて考えよう。

@      各学年の保護者会で、教育委員会より配布のプリント(情報モラルの指導)を保護者に配布、説明を行う。

A      授業において、教育委員会より「インターネットを使うとき、気をつけてほしいこと」のプリントを配布しモラルとマナーについての授業を技術の時間に行う。

B      インターネットを使用し、モラルとマナーについて検索を行い、相手のことを思いやる気持ちや自分の身は自分で守ることの大切さを調べさせる。

C      学年集会においても、インターネットを使用するときのマナーやルールについて口頭説明を行う。

(2)      情報モラルの指導の重要性について考える。

 

3 授業実践例

  教育委員会より配布の「情報モラルの指導」を基本に、プレゼンテーションソフトを利用し、生徒に対しては、問題形式で説明・指導を行っている。

このような授業を通して、情報モラルのお互いに情報をやりとりする中で、人間関係を円滑に保つために守るべき約束やマナーを守らなければいけないことや、情報技術を悪用して相手の情報を破壊したりプライバシーや著作権の侵害、他人の権利を侵害しないようにすることや、むやみに個人情報を発信したりしないことなどのマナーを考えさせる授業を考えて取り組んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 成果と今後の課題

 現在コンピュータでインターネットを利用し、いろいろなものを検索や閲覧することができ、インターネットを通じて、子どもたちが犯罪に関わるケースも多発している。学校としても、情報の取り扱い方やインターネット利用のマナーなどを考えさせなければいけない。また、学校だけでなく、家庭や地域との連携も重視していくべきである。